« 稲葉美和『箏』ワークショップ始めます | Main | 「上機嫌」 »

残すもの…

曲を作ってCDにしたり、楽譜にしたり…

自分が創造したなにかを形にしておきたい、というのは

細胞レベルからの欲求なのでしょうか?

「これがベストの形」を自分で見て聞いて納得したいのでしょうか?

もっともっと現実的に「売りもの」を作りたいのでしょうか?

 

「桜の咲くころに」の配信を始めて、

自分でもせっせとストリーミングしているのですがっっっ、

CDを作ったばかりの時は、

自分の裸を見るようで恥ずかしくて実はあんまりCDを聞かなかったのです。

もう何年も経って改めて聞いていると、

少し客観的になって、ちゃんと(?)BGMとして聞けていることに気づきました。

更に、これらの曲を練習していたころの気持ちが蘇ってきて、

正にミニアルバムを見ているようです。

 

そして、最近、箏ソロの新曲がないことに気づいてしまいました。

お話ものは作っていたのですが、インストのソロがないっっっ。

そして、ご存じの通り、今は「暇!!!!」

「作りましょうよ~曲♫」と自分を誘っています。

 

ちょうどそんな頃、食卓で娘が言う。

「○○○(彼女の好きなアイドル)がね、デジタルシングル発売するんだけどね…」

 

なに????デジタルシングル???どーゆーこと??

 

CDという物じゃなくて、配信で発売するシングルってことなんですねっっ。

なるほど!!

これ、いただきます。

私も新曲作って、CD作らなくても一曲だけでも配信すればいいんだ♫

ってことです。

新しくCD作ろうと思うと、すごくハードルが高いけど、

一曲だけでも…となれば、手の届く目標になります。

これ目指して新曲作りを頑張ってみようと思っています。

 

そんなことで一人盛り上がっていたら、

「そうそう、ほそーく、ながーく売ってこ」と娘が言う。

(配信あれこれをレクチャーしてくれたのは彼女です)

「いつ売れるかわかんないんだから、ながーい目で」と続く。

「デジタルシングル、近日発売!!で行こ!!」とあおる。

そのあまりに根拠の全くない前向きさに応えて

「そっか、そっか、どんどん作って次々アップして~

  たとえ何十年後でも著作権は残ってるもんね、私の死後70年まで!」

と言って気がついた。

良いことに気がついた!!

宝くじでも当たらない限り、子供達に残せる物なんてな~んにもない、

出来ることは、せめてゴミを残さないこと、って思ってたけど、

もし一曲でも、たくさんの人に聞いてもらえる曲が出来たら、

著作権料として子供達に残るんだ♫…ね。

この『取らぬ狸の皮算用』発言に

「著作権ドリームだね」と娘が重ねる。

いいじゃないか、ドリーム☆

少なくとも、夢だけは残せるってことで。

 

 夢を残そう

 

気に入った❤この響き。

 

稲葉美和Web siteへ ↓

https://inaba.kmlw.net/   

 

 

 

 

 

 

|

« 稲葉美和『箏』ワークショップ始めます | Main | 「上機嫌」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 稲葉美和『箏』ワークショップ始めます | Main | 「上機嫌」 »