ゲート

今年の桜は意外と長持ちしたでしょうか、

新緑が心地よい季節になりました。

 

真新しい黄色い帽子がピョコピョコしてたり、

ブカブカのブレザーとスラックスからまだまだ幼い表情が覗いていたり、

春らしい光景に車窓を楽しみました。

入学式へ向かう親子を見ていると、

親御さんの晴れやかで緊張した表情に、

「入学式って親の為のセレモニーかも」って感じます。

子育て、ここまで来たぞ‼️っていうね。

    1つゲートを抜けたって感じでしょうか。

 

 

あ、ゲートといえば、

    わたくしゲートに跳ね返されてきました。

 

ボスニアヘルツェゴビナ、バニャルカでの桜祭りイベントに参加してきたのです。

全て順調にほぼほぼ予定通りに進んだ最後、

さようなら~~ありがとう~~またね~~となるはずが、

空港のチェックインカウンターで

「自分のパスポートを持って来て !」と跳ね返されたっっ

……見ると私が持っていたのは

その日の朝に別行動となってさようならした同行者のパスポート……。

 

パスポートがないのでは何ともならず~💦💦

   まさに帰国目の前でシャットダウン!跳ね返されたのでした。

 

もう1泊して、

ホテルのお姉さんに「また来てくれてありがとう❤」と感謝され、

ちょっと心細い1人のサラエボを満喫(?)し、

無事にパスポートも正しく交換し、

忘れられない桜祭りとなりましたっっ。

 

今回は琵琶の坂田美子さんとのデュオでコンサートとワークショップをしてきました。

元々びかむの4人で計画を進めていましたが、

     諸事情……ま、予算事情ですね……により

残念ではありつつも、デュオでの初海外公演となりました。

今回もまたきれいな青い空に恵まれて、

    ヤドランカさんが空から迎えてくれたようでした。

 

サラエボでは

図らずも❗

  2009年にヤドランカさんとコンサートしたホールの二軒隣のホテルに滞在。

懐かしいね~~って中に入ってみると

  10年前と変わらず、若い頃のヤドさんの大きなパネルが!

パネルのヤドさんと記念撮影~~と二人でワイワイしていたら、

お茶&煙草してたおじさんが

 「しゅとーてーね~えーえーま~~♪」と口ずさむではないですか❗

思わず一緒に口ずさみ、

カメラもポチっと押してもらっちゃいまして、

Sto te nema♪の威力を改めて感じたのでした。

2019

もちろん!!コンサートでもSto te nema♪ 聞いてもらいました。

 

まあーしかし、こんなことってあるんですね~~

痛恨のミスですが💦💦

1日遅れ位の傷で済んで良かったです。

ボスニアヘルツェゴビナは4回目の訪問で、

正に

「慣れた頃が危険」

ってのです。

大切な経験になりました💦

 人のパスポートは役に立たないってこと、

何より、

 油断大敵、確認を怠るな❗です。

 

皆様もゴールデンウィークのご旅行をご計画でしたら、お気をつけ下さいませね~。

 

ところで、

今、

目の前で、

飛行機の操縦席の窓を

隣の窓から身体を乗り出して、雑巾(?)でくりくり拭いてる人がいるんだけど、

飛行機の操縦席の窓って開く構造なんですね~~ちょっと驚いた。

飛行機の窓って絶対開かないって思ってた……

   まるで車のフロントガラス拭くみたいに、くりくりって……

      そんな風に拭くのね……

         意外と、アナログなのね……        ヴィエナ空港にて

 

 

| | Comments (0)

2Kg多いっっっ

バレンタインデイって
私が子供だった頃は
特別なチョコのプレゼントを一つ
誰かに渡すか、渡さないか…だけだったのに
今や、dayじゃなくてバレンタインウィーク❤
一週間なんて通り越して
なんのかんのと、この一月
身の回りにチョコがいっぱい☆

甘い物だ~い好きの私には
パラダイスの日々!!

そして、
2Kg多いっっっっ。

いっきなり「2キロ」重くなっているっっっ。

何がって
もちろん、私の身体がっっっっ。

まずい。
節制しなくては。
取り返しがつかなくなる前に
戻さなければ……。

そんなことを思いながら車移動していると
窓から見える日常に「お?」っと目を引く光景。

後ろの二本足で散歩する犬  とか
銀行の駐車場に駐まった車の運転席で腹筋するおじさま  とか
 このおじさま、お口もぐもぐしてた 
 ちょうどお昼時、
 まさか、ランチしながら…?
 しかも車の中で?えええ~?!
 あたしにゃ無理だぁ。

 犬が後ろ足で散歩って
 人間がずーっとケンケンで散歩?
 もしくは、逆立ちして散歩?くらいな感じ?
 すごいわあ、犬。
 あたしにや無理だぁ。


みんな頑張ってるぅ~
わたしは、昨夜、蒲団の誘惑に負けたのに…。
このまま潜り込んで眠ってしまいたい欲求に負けたのに…。

今夜は、寝る前のちょこっとストレッチ&腹筋
絶対、やる

それにしても、やられたなぁ~バレンタインウィーク~~。
来年は気を付けるーーーー!!!!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

今年は…

「年末年始」って
何か特別な響きがあって
それを越すと新しい風景が広がっている
        ……ような錯覚を覚えるけれど

こうして、年が明けて3週間も経ってみると、
もう、
 すっかり、
   どっぷり、
次から次へと押し寄せる変わらない日常に埋没していて、

あの華やかな空気の中で
まるでそれが仕事であるかのように
美味しいお酒を飲み(浴び?)
ちょっと特別感のある品々をつまんでは
とりとめのないおしゃべりで時を揺蕩っていたのが
随分と前のことのように感じられる今日この頃です。


先日、女子中高一貫校さんの音楽会イベントに招かれて
「びかむ」でコンサートをしてきました。

生徒さん達の発表の部もあり、
真っ直ぐな、透き通る声の合唱には
心が洗われるようでした。

新聞部の生徒さん達から取材を受けたのですが、
大変気持ちの良いインタビューに、
思わず真っ直ぐに答えてしまい、
それが、まるで自分を見つめ直すような時間となりました。

だって、
どうしてミュージシャンになったの?とか
メンバーとはどんな出会いだったの?とか
一番楽しいことは?とか
辛かったことは?とか
これからどんなことをしたい?とか

とても真剣な姿勢で質問してくれるので
その都度、一生懸命真面目に答えていたら、
自分が箏を弾き続けている理由が明確になってきて、
『あ~そうだった、そこだった!』って確認した感じです。

有り難いタイミングでした。


せっかく確認出来た大切なところを
見失わないように、
どこかに置き忘れないように、

『創る、そして弾く、届ける』

また一年、頑張っていきます。
……慌てず…落ち着いて……

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0)

今年もありがとうございました!

ふと気がつけば大晦日です。

今年は、
得意の大掃除ならぬ小掃除も部分的小掃除でお茶を濁し、
富山公演でお土産にいただいたチューリップの球根を
   植え時期表記ギリギリでプランターにセットし、
いつものお節料理も一通り準備完了~

と、年末のミッションをゆる~く浅~く完了し、
     今、ゆっくりと一杯飲んでいるところです。

速かったっ!
 …この一年…。

「歌麿夢芝居」の舞台や、
プラネタリウムでのコンサート、
影絵のジャックさん・広田さんとのコラボや、
年末には、太鼓&笛の朋郎ライブにお邪魔したり…などなど、
初めてご一緒させていただく場がいくつもあり、
それぞれが全て、とってもクリエイティブな場で、
『初』が楽しい一年でした。

そうそう、車運転、大阪初上陸~~もありましたっ。

そして、
年に3回のペースで開催している
「和の音、和の声、和の心」コンサートシリーズは17回目を終えて継続中、
先日行った南相馬市での出前コンサートは6回目となり、
『毎度どうも~』も嬉しい一年となりました。

積み重ねているものと、
新しい出会いと、
その一つ一つを大切にして、
来年は、また、新たな創造へと広げる年にしたいと思っています。

作り出す作業が好きだし、楽しいと
改めて感じている昨今です。

来年も様々な方に、色々なものに出会って、
沢山の刺激をいただいて、
創って、
 弾いて、
  聞いていただいて…、
そんな風にして過ごしていられるようにと思います。


このブログも少しづつ間が空いてきてしまっていて反省…っ。
どうぞ、呆れながら、時々覗いてやって下さいませ。

とっても前向きな気持ちで新年を迎えられそうで嬉しいです。
これも偏に
お世話下さった皆様、
応援して下さる皆様のおかげと、
心より感謝申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします❤


どうか、新年が全ての方々にとって穏やかに明けますように…


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

大阪自車乗り入れ!

気がつけば、富士山はもう、しっかり雪を被ってました。
いつの間にか、秋が深まってました。

ちょっとお久しぶりな感じです。
ご無沙汰している間に、遂に!
私、大阪も車で行けるようになっちゃいましたっっっ!!

今まで避けてきた関西自車乗り入れ。
遂に解禁!せざるを得なかった訳ですが。
意外にノープロブレム。
それどころか、

個室移動の数時間はめちゃくちゃ使えるですよ。
車の密室で大声出して新曲作ったり、
  構想練ったり、
   台詞の練習に歌の練習、
     はたまた人生について煮詰めたり……どはっ。

ワイパーの催眠術さえ気を付ければ、
全然OK~~でした。
そして、目的地到着後、
私、人生初の「スーパー温泉一人生ビール×2」です。

えー、
ラーメン屋さんの一人生ビール&餃子は随分前に突破済み。
いい歳して、なに初めてぶってんの?ってことですけど、
スーパー温泉のお食事処で髪濡らしたまんま
「生ビール中!おかわり」って「ぷはー」してる自分、
思い出すと、何かを捨てた気がするわけです。
ただ、その成長(?)は、
6車線くらいある道の端から端への車線変更を度々求められる
大阪市街地をどきまぎせずにドライブするために
必要なことだったのかもしれませんよね。

そういう意味で、
我ながらでかした成長振りでございます‼️


もう怖いものはありませんっっ……
いやいや、まだまだ世の中怖いものだらけ……まだまだ…

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防犯ハーブ育ってます♪

我が家の防犯ハーブは、
本来の目的はさておき、
酷暑にも負けず何とか無事に存在しております。

レモングラスとローズマリーは元気!
サッと取って使うと香りも鮮烈ですね。

バジルは使い切れずに大分黄色くなっちゃってますが、
新しい葉だけチョロチョロっと摘んでトマト料理やサラダに使ってます。

他にも、
辛いのかと思いきや、なぜか甘い唐辛子?もあったり……で、
小さなプランター2つですが、そこそこ楽しんでます。

小松菜とかルッコラとか植えてみたくなってます。
畑で育てる様に大きくはならないだろうけど、
ベビーリーフでちょちょこ育てちゃあ食べる
って出来たら楽しいぞ~って思ってます。

何せ庭というより『余白』なので、
地面じゃあ日が当たらぬのです。
で、プランターにして吊るしちゃえば良いってことです~🎵
考えてると楽しいです~🎵
やってみよ、やってみよ。

おお~っと、
小松菜もルッコラもあんまり暑いとNGみたいです…
もうちょっとしてからね~💦💦

そうそう、プランター野菜より先に作りたい……作らねばならない物がっ。

箏を包む油単(ゆたん)と呼ばれる布があるのですが、
ちょっとボロボロになってしまい……先にこっち!
肩で担げるようなオリジナルを母に縫ってもらっていたのですが、
流石にこの歳で母には頼めまい。

夏休みの宿題~~。


おお~~っとぉ、
もう夏休みも何も関係ないお年頃ですけどね~~人生の夏休みかっっ?

むむ、夏休みって人生にしたらいつ頃か?
暑っい頃?

ん?ってことは青春真っ只中みたいな?

じゃあ、だーいぶ前にとっくに過ぎてるし。

んんん、ま、何でもいいから作ろー。
おおー!!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

防犯ハーブ?

ご近所の方から、
「ついこの間の夕暮れ時、お宅の塀に若い男の人が飛び乗ってたわよ」
と告げられた。

ちょっとビックリな情報だったが、そのご近所さん
「ひょいって飛び乗ったのよ。若いってすごいわね~」
と続けたのであった。

むう~~~私としては、感心していられない状況。
工事や点検など、思い当たる節もない。
続けて聞き出してみると、
どうやら、我が家の外塀にひょいと飛び乗って、
ベランダの支柱に手をかけたとか。

目撃情報はそこまで。
その後、どうしたのか…。
家の中に不審な点はなく、重なる「?」。

どろぼう?ではなかったかもしれないが、何とも気分が悪い。
何とか対策を…と考えて、
塀の上に乗れないように何かくっつけようか、となった。

たとえば、ボチボチした何か。
たとえば、コロコロしてる何か
たとえば、つんつんした何か。

などと探してみたが、思うような物はなく…。
取りあえず、気休めかも知れないけど、草花でも置いてみることにした。

ただ、きれいにお花を育てられるキャラじゃないっっ。
どうも、苦手。
あんまり手をかけなくてもいいのがあれば、と
近所のガーデニングショップへ行ってみた。

いろいろ見てるうち、
「せっかく植えるなら…」と段々楽しい気分になって
ハーブの苗を買ってみた。

ローズマリーがこんなに生えてて130円!!とか
バジルも一株100円!!とか
急にトムヤムクンが食べたくなった時のためにレモングラスとか
ほんちょっと欲しくなるパセリとか
楽しくなっちゃって、色々買い込んできた!!

さてさて、塀の上に並んだハーブ。
一石二鳥となるのでしょうかっっ?!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

ボスニアに行ってきました

2年前の今頃、
闘病中のヤドランカさんの応援コンサートのつもりが
追悼コンサートになってしまって、
とにかくコンサートをするんだ!ということ以外の色々を
出来るだけ考えないようにして渡航準備をしたのを思い出しています。

あの時に皆さんから託された寄付金の行き場をどうしたものかと考えていましたが、
ヤドさんのお墓にモニュメントを設置することを思いつき、
先日、坂田美子さんと二人でボスニアに行ってきました。

Grave_of_jadranka


2009年にヤドさんと坂田美子さんと三人でツアーした時に連れて行ってもらった
サラエボの市場にも行って、
ヤドさんに教えてもらった肉団子や、ほうれん草のパイも食べてきました。

美味しかった!
そして、やっぱり空がきれいでした。

Photo_2


近いうちに、もう少し詳しくご報告させていただきます!!


そうそう、帰りはミュンヘンで乗り継ぎでしたので、
念願のドイツBEERとソーセージにザワ-クラウトを味わって参りました!!
ただ、空港だったので、本場の味と言えたのかどうか…ちょっと疑問っ。
もっとちゃんと、ドイツに降り立ってみたいです。

あ、そうだ!!
ドイツから出ているコンピレーションCDの第二弾を狙って録音を進めています。
うまくいくといいなぁ~、そしてそして、ドイツも行っちゃいたいなぁ~。


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

天守物語

劇団ひまわり「天守物語」の公演に参加しています。

あ、もちろん、役者としてではありません!
箏を弾いています。
三味線もちょっと弾いています。
声も少~し使っています。

4月が始まって直ぐに劇場入りしてリハを重ね、
この金・土・日で4公演を無事に終えたところです。
来週末も4公演します。

楽しいです!!!

役者さんがいて、
演出家がいて、
照明、舞台、音響、楽師と呼ばれる私達、
衣装、美術、振り付け、歌唱指導、殺陣指導…

沢山の専門家が集まって一つの物語を綴っていく…。
それぞれの力を一つ一つ積み重ね、修正を加え、
どんどん研ぎ澄まされていくその課程が心地良いのです。

そうして創り上げた時間をお客様の前で再現する、
その緊張感には回を重ねても慣れることがありませんが、
その緊張感の中にいることが、楽しくてたまりません。

また、普段触れる機会の少ない、演劇の世界に触れられるのも新鮮です。

それこそ、挨拶の仕方一つとっても、
音楽関係の時と、何か違うんですね~。
わりと、体育会系かな。

公演も、一ヶ所で続けて何回もしますよね。
音楽だと、同じプログラムを場所を変えながらツアーってなりますけど。
舞台設定が大がかりだから、次々に場所を変えるのは無理なんですね。

だから、劇場入りしてからは、
普段縁の無い『通勤』状態になるのです、これがまた新鮮!!
しかも!
舞台に楽器をセットして、本番が終わっても撤収しなくていい!!
これはホントに嬉しいっっ。

場当たりとか、
止め通しとか、
ダメだしとか、
プリセットとか、
演劇の現場ならではの単語も面白いな~なんて思いながら聞いてます。


今回の舞台、役者さんがみんな若く、エネルギーに溢れています。
泉鏡花の世界も、演劇で見せてもらうと、改めて面白いです。

来週、金・土・日、是非お運び下さいませ。
楽しいですよ!
お待ちしております!!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

春に別れを思う

一気に春模様の今日この頃です。
そして、私、今年もつい4日前に花粉を感知致しましたっっ。

一説によると、ある程度年齢を重ねると、
花粉を感知する能力も鈍くなって、花粉症が「治る」とか。

わたし、まだ、感知してます~。
んん~なんか嬉しいかも???

さて、3月…

この時期、
きっと「さよなら」と「またね」が町の中に溢れているのだろう。

『ちいさな別れ』…かな。
友達、先生、先輩、後輩、同僚、親、子、ご近所さん…。

「またね」が付く「さよなら」は
きっとまたそのうち会えるから、という前提での『小さな別れ』。

でも、考えてみたら、
その後そのまま会わずにいる人の方が圧倒的に多い。

幼稚園の卒園式で、
大好きだった「たまえせんせい」との「さよなら」がとっても悲しくて、
その日の夕飯の時もずっと泣いていて、
母に「もう会えないわけじゃないんだから。いつまでも泣かないで。」
って言われた気がする…。

私の娘もそれくらいの年齢の頃、
おばあちゃんちに遊びに行った帰りには、
必ず、もう会えないとばかりに悲しそうに泣いていた。
「また、すぐ会えるから」と言い聞かせたものだった。

子供の別れに対する感覚は実は正しいのかも知れない。
娘とおばあちゃんは幸い、今でもしょっちゅう会える環境だが、
私とたまえせんせいは、多分、それきり会えていない。

小学校や中学校の友達とも、
果たして何人の人とホントにまた会えたのだろう…。

そうやって、数え切れない程の出会いを
「またね」と共に置いてきてしまった。

20歳前後の数年間の多くの時間を共にした大好きな先輩の訃報を受けて、
そんな「またね」と「さよなら」を悔いている。

『小さな別れ』がホントの「さよなら」になってしまうこともあるって
その事に多分、気づきたくないんだと、今、思う。

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0)

«うた語り「平家物語」公演のお知らせです♪