痛恨の…

ミスです💨

夕飯にたこパ(たこ焼きパーティー)をしようと、

たこ焼き用のホットプレートをスイッチオン!して

あの、丸~い穴に油を入れて、

穴によって油の量がまちまちになっちゃったから、

均等に分けようとキッチンペーパーを丸めて「ちょちょい」としたつもりが!!

熱くなった油がぴゅーと跳ね上がり、

指先にかかってしまった……。

 

「あ~~~っっっっっちっち、あっち!!」

 

ちょっとした不手際が重なって、

右手の

中指の

先っぽを

火傷してしまいました……。

 

右手の中指は

箏の爪を装着する指ですっっっ。

どうしよ~~~、焦りました。

 

暫くして、痛みも落ち着いて、恐る恐る確認すると、

ちょうど箏爪をつける辺りにぷっくりと水ぶくれが!!

 

実は、今、暇に任せて、

ソロCDでも作ってみようかな、と録音を企んでまして、

その録音に向けての集中練習期間でした。

箏爪付けられなかったら,練習も出来ない、録音日に間に合わないっっっ。

 

あ~あ~、痛恨のミス!!!!

 

と、相当悔やみましたが、一晩経ってみたら、ギリ大丈夫。

爪も付けられました、練習もできました、良かった~~。

ほんのちょっとなんですけどね、

でも、ここに傷が出来たらアウト~!!ってことありますよね。

そうそう、小学生の時、

ピアノの上手な子がバレーボールの仲間には入らなかった……。

そういえば、箏の場合も、指先に絆創膏とかしてると、演奏に差し障りがあります。

箏爪装着の問題と、指で弦を弾く時の問題と…。

今頃~??ですが、指先は大事にしないといけません!!

しかと心に刻みましたぁ。

公演の前日とかじゃなくて、良かった……まじ、焦りましたっっっ。

 

 

さて、そんな事件を伴いながらのたこ焼きでしたが、

若干余りまして、翌日まで持ち越されまして、

美味しくなさそう~にしわしわに縮んで身を固くしておりましたが、

またまた、たこ焼き器の丸の中で温めてみましたらば、

みるみる膨らみ、ぷっくりと張りのあるお肌を取り戻すではありませんか!!

これはこれは!!

そうか、温めれば伸びるのね~。

アイロンもね、そういうことですよね~。

人間のお肌もそうかしら?

きっとそうですよね~、マッサージとかってそういうことでもありますよね~。

温めましょ、ただし、ほどほどにね、

     …………火傷しない程度にね✋





稲葉美和 Web siteへ↓

https://inaba.kmlw.net/info2021.html

 

 

 

 

| | Comments (0)

Sto te nema

サラエボオリンピックをご存じですか?
冬のオリンピックです。

 

その時にテーマ曲を歌って、世界的にも有名になったヤドランカさんは、
オリンピックの後、日本滞在中に内戦が起きて故郷へ戻れなくなったまま、
20年以上を日本で活動していました。

 

ヤドランカさんとは何度も音楽をご一緒させてもらいました。
大好きなミュージシャンで、
大切な友達です。
もう会うことは出来ませんが、今でも変わりません。

 

彼女のメモリアルイベントを配信することになりました。
主催は在日ボスニア大使館です。
先日、収録に参加してきました。
私よりもヤドさんとの付き合いの永い、
ギターの鬼怒無月さんや琵琶の坂田美子さん、
そして歌手のクミコさんもご一緒でした。

 

ヤドさんが日本のステージでもよく歌っていたSto te nema🎵や
1日がもっと長ければ🎵など、ミニライブとして収録してきました。
7/24の朝7:00からユーチューブで公開となります。
ヤドランカの公式Web siteからヤドランカのチャンネルへお進み下さい。

 

http://jadranka-jp.com/

 

20210705

会場となったボスニア大使館の部屋にはヤドさんの写真がいくつも飾られていました。
ヤドさんとの時間を沢山思い出して「ヤドさん、Sto te nema ~~!!」と
呼びかけながらのライブでした。
(Sto te nema とは「あなたはどこに」という意味だそうです。)

 

 

ヤドさんをユーチューブで検索していたら、
懐かしい動画を見つけました。
2009年にヤドさんと琵琶の坂田美子さんと3人で、
クロアチアとボスニアをツアーしたときの映像です。
ヤドさんとの音楽はいつも自由で楽しかった…

 

 

7/24はヤドさんの誕生日。
ぜひ、イベント配信をご覧下さいませ。

 

 

 

さてさて、私のガコガコ鳴ってうるさい顎のその後です。
筋の緊張を緩めるお薬をまじめにきちんと服用していたら、
それが原因かどうかは正確なところ確かではないのですが、
かゆ~~い発疹が出てきてしまって、
これがなかなかの強敵で、
まずは、この発疹を治しましょうと皮膚科の薬を飲むことになり、
緊張を緩めるお薬は一旦ストップとなりました…。

 

お薬で緊張を緩めようとしたら身体が拒否ってこと????

 

やっぱり、
 このけんか腰は緩められない体質なんだと、
    改めて思い知っている今日この頃ですっっっっ。くっ……

 

https://inaba.kmlw.net

 

| | Comments (0)

あごがうるさいんです

あごです

私のあごです

うるさいんです

10年以上前にあごに違和感があって

マウスピースを作ったことがありました

夜寝るときは必ずしなさいと言われて

まじめな私は地方のお仕事の時も持ち歩き…

しばらくそんな生活をしていたら

いつの間にか気にならなくなり

マウスピースの存在も忘れ

忘れられたマウスピースは

引っ越しの際にゴミになり、

そんなあごのことは

もう

すっかり忘れていたのですが、

2年くらい前?から

食事のたびに

あごがガコガコとうるさい、

安いから買ってみたお肉を一生懸命噛み砕いていると

そのうちあごが疲れて

食べる動作を一旦休止~~

の状態となり

まじめに歌おうとした時には

歌い出そうとしたその瞬間に口が途中で固まる…

これは気になって仕方なくなりました

 

定期検診に行った歯医者さんで

「はい、お口開けて~」としばらく開けていたあとの

「はい、お口閉じて下さい~」の瞬間に

ガッコンと鳴った私のあごに歯医者さんは

「おお~こわいこわい」と言って

顎関節症の専門医を紹介してくれました

 

そして、口開けたり閉じたりしながらレントゲンを撮った結果、

あごの関節はちゃんと位置しており

ただ、クッション部分がずれているとか、

もう、それは治しようがないので

あごのガコガコは気にするなと…

「歯ぎしりしますか?」

    「さあ~どうでしょう~??寝てる間のことは何とも…」

「片方だけで咬む癖はありますか?」

    「いやぁ、そんなことはないような…」

「頬杖をつきますか?」

    「いえ、全くないとは言いませんけど…」

「ストレスはありますか?」

    「………(人間生まれ落ちた瞬間からストレスの嵐ですよね?)……

     ……ないかなぁ~……」

と、実のない質疑応答の後、

顔やら首の筋肉が凝ってますね~と

筋肉の緊張を緩めるお薬を処方されました

「あの~、これって、筋肉弛緩剤ですか?怖くないですか?」と

優しげな薬剤師さんに思わず問いかけてみたら

「そんなに強いお薬じゃないですから、大丈夫ですよ

 リラックスするお薬です」

と慰められて、

「そうか、わたし、リラックスするのにお薬必要なんだ」と

新しい自分を見つけた感じで

しかし

爆笑!!

 

そういえば、私の日常はガツガツけんか腰なのかもしれない

「えい!」

「このやろ~」

って過ごしているのかもしれない

と、

ちょっと……

……ちょっとだけ、反省してみた今日この頃です。

 

練習とかしていると

「あ、間違えた!」

「あ、また間違えた!!」

「あ、ほらまたまた間違えた!!!!」

「ああっ、今度はここまで間違えたーーーー!!!!」

「ああああっっっっ、もうーーーーー!!!!!!!」

ってなってますので、

あ、こんなときに、キーって歯を食いしばっているのでしょうか…

全く自覚はありませんが、

んんんん~わからんです

 

さて、このリラックスするお薬が

どこに

どのように

作用してくれるのか

すっかり柔和な私が出来上がるのでしょうか?!

 

稲葉美和Web site ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

 

| | Comments (0)

母の味

母の日。

この数日前から、車での移動中に聞いているラジオからは

「母」に関する話題が満載だった。

中でも多かったのが母の味カテゴリ-。

考えてみたら、

「母業」って、食べさせることから始まってるかも。

   ……お腹の中の時分からね。

 

私の母の作るおにぎりは、丸かった。

△じゃなかった。

いったいこれまでに何個の丸いおにぎりを食べたんだろう。

 

そういえば、おにぎりって、形もそうだけど

中の具材とか

海苔の巻き方とか大きさとか

そうそう、何で包むかとか

それぞれのお家の流儀(?)があるかも。

 

稲葉家のおにぎりは

丸くて

海苔は大きめ、白いご飯がちょっとしか見えないくらい

中身は鮭かたらこか梅干し

それを

二つか三つずつアルミホイルで包んでいた。

 

広島に引っ越した小学生の頃、

お友達のおにぎりが俵形で、

お友達のおにぎりが、み~んな俵形で、

その頃の私にとって、それは大事件で、

「次のお弁当の時にはこういうおにぎりにして」と、

多分、必死に、母におにぎりの形を説明した。

面倒な顔もせず、そのリクエストに応えようと頑張ってくれた母。

あの時は、ありがと💕



 

おにぎりと言えば、

つい先日、もう社会人の娘が「今日のお昼は何買おうかな」と言うのを聞いて、

「久しぶりに母のおにぎりでも持って行く?」と声をかけてみた。

「いえ、結構です」と即答された。

何せ、

今、

相変わらず!、

結構暇なんで、

「遠慮しないで良いよ、すぐ作るよ」と言ってみた。

「あ、ほんとに、結構です」と再び即答された。

その後に続けて

「あのさ、ほら、あたし、おにぎり食べるの苦手でしょ、お母さんのおにぎり…」と。

「へ??へ????そうだったっけ??え?え~~??」まるっきり分からない私。

説明してくれた。

私のおにぎりは固いらしい。

ぎゅーーーっっとお米が詰まってて、なかなかの強敵らしい…。

確かに……、そうかも……。

にしても、今頃……。

「もうちょっと、ふわっと握ってね、お母さん💓」

って、かわいくお願いしてくれれば良かったのに…。

きっと、そんな事言えなかったんだね、ごめん…。

「はいーっっ、おにぎり2つ!!はいどうぞ!!!」って勢いで、

ガシガシ握ってたね……そうかも……ね。

年齢と共に、今ちょうど良い感じに筋力も勢いも落ちてきているので、

今度リベンジさせてもらおうではないか!!

 

おーっと、それでまた力が入っちゃってるっっ。

それがまた、母の味??

深いぞ、「母の味」

   きっと、「美味しい」だけじゃない、「母の味」。

 

稲葉美和Web siteへ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

 

| | Comments (0)

趣味

皆さんは趣味をお持ちですか?

私はこれまで、「テニス」などと答えてきました。

テニスが趣味…嘘ではありません…

小学生の頃から始めて、

中高の部活でもかなり真剣に取り組みましたし、

社会人になってからも少しの間はクラブに入って試合とか出てました。

ただ、社会人になってからは、

固定の休日がないとなかなか継続が難しく、

気がついたらもうすっかり離れてしまっていました。

第一、今はもう、走れませんっっっ。

多分、「走ろう!」とした瞬間にこけます!!お約束します!!!

「テニス」大好きだったんですが、

いつの間にか「やりたい」と思わなくなっていました。

 

そうなると、「趣味」がないんです。

箏を弾くのも曲を書くのも大好きですが、

「趣味」ではないかな……。

 

そんな今日この頃でしたが、なんと趣味が出来ました。

まさか、

今になって、

こんなに突然に、

趣味と言える(言いたい)ことが出現するとは!!

かなり、驚いてます。

と同時に、すごく嬉しいです。

すごく楽しくて、うきうきするんです。

「工作」なんですけどね。

 

椅子に座って箏を弾くときに、楽器を専用の台にのせます。

その台は「立奏台」といって市販されているのですが、

私は自分好みの高さのものが欲しくて、

特注!というと格好いいですが、

ホームセンターの木材コーナーでお願いしたり、

建具屋さんに頼んだこともありました。

長い間使って、かなりみすぼらしくなってきたので作り替えようと、

前回の記事でも宣言してしまいましたが、DIYしてみようと。

180cm×90cmの大きな板を一枚購入して、

3枚に切り分けてもらうのは木材コーナーの1カット30円でやってもらって、

その後は自分で書いた設計図に従って電動のこぎりやらドリルやらを駆使!

これが、ちょ~楽しかった。

すっごく集中して、夢中になって作業しました。

あれくらい集中して練習すれば、箏ももうちょっと上手になるんじゃないかと思います。

Photo_20210415224801

あれこれ考えながら、設計図書くのも楽しかったかな。

気がつくと「あ、そっか、こうすれば良いんだ」って考えてた感じです。

 

最後にニスを塗って、くさびを調整して完成しました。

ニスは二度塗りしたのですが、

「今日は二度目のニス塗り!」なんて日は、

楽しみすぎて、朝の目覚めもすこぶる良好でした。

 

全部の時間が楽しかった!

完成~↓↓

Photo_20210415224701

 

ってことで、これから「ご趣味は?」って聞かれたら、

「工作です」と答えます。

 

趣味があるって、とっても良いことですね。

朝の弱い私が、すっきり起きられちゃうなんて。

ちょっとびっくりしています。

次は何作ろうかな~。

 

稲葉美和Web siteへ ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

| | Comments (0)

春ですねぇ

桜を見ると、また一年経ったんだなぁと実感します。

お正月やクリスマスやお誕生日よりも、

満開の桜を見ると、そう感じます。

どうしてでしょう…。

春は区切りのイベントが多いからでしょうか?

今日も近所の公園で、新しい制服を見せ合っている新女子高校生?を見かけました。

懐かしい~。

もう何年前だろう~。

   ………失礼しました………もう何十年前だろう~。

きっと卒業式も、更にこれからの入学式や様々なイベントも、今年は思うようにならなそうですが、

せめて気持ちだけは華やいでスタート出来ますように!!

そんな婆心も芽生えました。

 

さて、私はどうしましょう。

  んん~って言ってるうちに一年経っちゃった感じですが…。

 

桜の開花ニュースにそわそわして、

追い立てられてるような気もして、

曲作りも今ちょっと一段落な気分で、

新しい作品に取りかかるまえに一息つきたい気もしたり、

で、さて、の次が滞っています。

なんか気持ちが落ち着かないのは、桜のせいかな…。

 

こんな時はいったん今までと違うことに目を向ける!!

ということで、ついに箏の台DIYをスタートするぞ、とここに宣言してしまいます。

あ~、言っちゃった。

 

演奏する時に箏を載せる台なのですが、自分で好きな高さに作りたいのです。

「和力」というグループの加藤木さんは、なんでも手作りしちゃう方で、

https://www.wariki.jp/

それこそ、太鼓の台や舞の衣装や面に小道具、

畑に家にキッチン、お風呂にトイレ(もちろん水洗、ウォシュレット付き)

もしかしたら、箏だって作れちゃうんじゃないか、

というくらい何でも作っちゃうんです。

この方と公演でご一緒している時にアイディアをいただいて、

きっとこうすれば出来る!というイメージだけはあるんです。

  昨年末の押し入れプチリフォームも、加藤木さんから色々と伝授してもらいました。

そのイメージをどれだけ緻密に作業できるか…ここが問題っっっ。

 

これはもう、ちょっと気分転換♪を通り越した領域かもしれない、

と、思い始めています。

が、

とにかく、

やってみるか!!!

春だし!!!

   関係ないけども~

 

 

稲葉美和Web siteへ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

大好きなジャックさんの影絵と共に!!新曲です♫

びかむの新曲「星のツバメ」です。(詞・曲/稲葉美和)

何度か共演させてもらっている、
影絵のジャック・リー・ランダルさんと広田郁世さんに
この曲の為の影絵を制作してもらいました!
なんてゴージャスな☆☆

 

この曲も、影絵とのコラボ企画も、
コロナがあって色々な不都合が起こった中で出来たことでした。

 

嘆くばかりのような時間に見えたのに、
こんなにすてきなことが出来て、
本当に幸せです❤

 

ゼロから作っていって、こうやって形になるのを見るのは
この上ない喜びです。

 

 

今、隣の家が大規模なリフォーム中で、
足場を組んでの作業中は何も見えなかったのですが、
外構工事に切り替わると、日に日に変わる様子が楽しいです。

 

ブロックを積み重ねていく手順とか、
コンクリートミキサー車からアプローチにセメントを入れていく作業とか、
洗濯物を干しながら、ついついジーッと眺めてしまいます。

 

そういえば、足場を組んだり外したりの作業もプロフェッショナルでした。
あの凶器のような鉄パイプを「ほいっ」と投げ上げたり、投げ落としたり、
それを見事にキャッチする、あのコントロール&チームワークは
ブラヴォーものです。

 

保育園の帰り道に電車が見える陸橋から離れようとしない子供のように、
許されるなら、ずーっと見ていたいお隣のリフォーム工事。

 

そして、こうして見ていると、想像以上に手作業でした。
さらに、想像以上に多くの人が入れ替わり立ち替わりで、
たくさんの人の手によってきれいに生まれ変わった家。
もしかしたら、お隣の住人よりも愛着がわいたかもっっ。

 

高校生の時の職業適性検査で、
ダントツで「土木建築」と目にしたとき、
なんていい加減な検査だ!!と思ったけれど、
結構、本気で当たっていたのかもしれないと、今は思うのでした。

 

ただ、いくつもの手作業が積み重なって、何かが出来上がる、
その感じは、音楽作品創りの作業にも共通しているように思います。
今回コラボした影絵も、正に手作業です。
細かなパーツを一つ一つカッターで切り取って、
思うような動きが出せるようにジョイントを組み込み、
両手の10本の指をフル活動させて動かすんです。

 

音楽も一つ一つ積み上げていく感覚♪あります!!
だから、やっぱり楽しいです。
今、いくつか作品作りの宿題があるので、楽しんで創りたいなぁと思っています。

 

実は、その前に確定申告💨です。
頑張りますぅ~~~~。

 

稲葉美和Web siteへ ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

今年もよろしくお願いいたします!

新しい年に入りました!(とっくにっっ)
いかがお過ごしですか?

 

昨日は東京にも雪が降りました。
すぐに雨になり、うっすら積もった雪もすぐに消えてしまったのですが、
空き地には小さなちょっと土色の雪だるまらしき塊が…。
あの僅かな時間に子供達が雪と戯れていたのね、と、
ほんわかして、ちょっとホッとした瞬間でした。

 

傘をさしての狭い歩道、対面からの歩行者とすれ違い様、
傘をかしげるのはお互いに外側…のはずが、
「人との距離を縮めることなかれ」の習慣からでしょうか、
傘を内側へかしげる方が2/3…。
そういえば、コロナ騒動の初期の頃、
雨も降っていないのに差している傘を
すれ違い様に「さっ」と向けられたこともありました…。

 

そんなトゲトゲしさも垣間見える日々、
崩れかけた雪だるまから、
普通の日常の、
なんてことはない温かさをプレゼントされて、
トゲトゲも溶けていくようでした。

 

 

 

今月は、
有観客か無観客か二転三転した結果、無観客の配信になったり、
一回公演を入場者数を減らした二回に分けたり、
昨年の春予定されていたものが延期されて…など、
ちょっと久しぶりに公演の機会が複数ありました🎵
一年に一度の小学校の授業も工夫をしながら実施できて、
前向きなエンジンを回しながら一年を始めることが出来ました。

 

公演を実施して下さった主催者・共催者・スタッフの方々、
そしてご来場下さった皆様には深い深い感謝しかありません❗
この感謝をまた次への創造のエネルギーに換えます❗
そして、それは、
この後の不安定な状況を乗り切る為の拠り所になる気がしています。

 

稲葉美和 Web site ↓

https://inaba.kmlw.net/index.html

 

 

 

| | Comments (0)

どうか佳いお年を!!

ここ数年、年末の大掃除は「小掃除」が常となっておりましたが、
このところ何度もついつい口に出てしまうこのフレーズ
「今、暇なもんで」
久しぶりにお掃除頑張っちゃいました!!

 

先日の押し入れ大(?)改造に続いて、
階段下収納スペースの大大大改造‼‼
今回は測り間違いもせず、
家の歪みすら計算しつくしたフレキシブルな採寸で、
ぴったりサイズの棚やらキャスター付き収納やら。
もう、完璧ですよ。
ついでに、本棚の配置も変えてみたりして、
気になってたところに手を付けました。

 

そんなこんなで頑張ったら、
身体のあちこちが痛いです~。
首も回りませ~ん。
普段使わない筋肉を使ったんですね。
いかに「掃除」が、普段やらない作業か‼‼ってことです。
身体は正直ですね。

 

でも、楽しかったです。
やっぱり、好きなんです。
「掃除」っていうより、物を収める作業ですかね~。
ぴったりはまると、とてつもなく嬉しいです。
その為のぴったりサイズの棚を作ったり、
箱を組み合わせたりするのが楽しいです。

 

なんだか、ぱっとしない一年でしたが、
新しい曲創りやアレンジに多くの時間を使うことが出来たり、
家の中の気になってたところがすっきりしたり、
なんだかんだ楽しいことに取り組めたのかなぁと思います。

 

来年は、みんなが安心して過ごせる日がやってきますように。
皆さん、どうぞどうぞお気をつけてお過ごしください。
そして、どうか、世界中の皆様に佳いお年がやってきますように。
とりあえず、明日、世界中の皆様が笑顔で過ごせますように‼‼

 

今年もありがとうございました💕
来年も変わらぬご支援を頂けましたら幸せです。

 

稲葉美和WebSiteへ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

 

 

| | Comments (0)

100年以上の時を越えて

使わない古い箏があるんだけど

と、お声かけをいただき、その箏に出会った。

長さも幅も琴柱も小振りで、

いたるところに螺鈿が施され煌びやか。

お話をきいて数えてみたら110年~120年くらい前の箏だとわかった。

博物館にでも持って行ったらどうかと思ったが、

楽器屋さんや、箏の世界の先輩方に聞いてみたけど、

行き場所は見つからず、

楽器屋さんの「演奏することが一番じゃない?」との一言に促され

弾いてみることにした。

 

古い絹糸がかけてあったが、演奏するなら絃を張り替えるつもりでいた。

ところが、試しにそのまま爪弾いてみたら、なんて素敵な響き。

テトロン絃よりも楽に、何とも言えない揺らぎを出すことができるではないか。

これは勿体ない!!

この絹糸のまま、この揺らぎを使えないか。

と思っていたところに、12/13は影絵とのコラボ公演。

ここで使ってみよう!と。

 

 Photo_20201220012901

この日は奥から

20絃、13絃、スペシャル13絃 と並びました。

スペシャル13絃、ちょっと小振りなのが分かりますか?

Photo_20201220013301

 

100年以上の時を越えた音…

この絹糸が何年経っているのかは不明ですが、

楽器自体は明らかに100年を越えて存在して音を出していて、

この楽器にしてみたら、

まさか100年後にこんなところでっっ、かもしれないけど、

でも、なんだか、とにかく、

ありがとう!!

とっても素敵な音でした!!

 

 

稲葉美和WebSiteへ ↓

https://inaba.kmlw.net/

 

| | Comments (0)

«押し入れ りふぉ~む