ボスニアに行ってきました

2年前の今頃、
闘病中のヤドランカさんの応援コンサートのつもりが
追悼コンサートになってしまって、
とにかくコンサートをするんだ!ということ以外の色々を
出来るだけ考えないようにして渡航準備をしたのを思い出しています。

あの時に皆さんから託された寄付金の行き場をどうしたものかと考えていましたが、
ヤドさんのお墓にモニュメントを設置することを思いつき、
先日、坂田美子さんと二人でボスニアに行ってきました。

Grave_of_jadranka


2009年にヤドさんと坂田美子さんと三人でツアーした時に連れて行ってもらった
サラエボの市場にも行って、
ヤドさんに教えてもらった肉団子や、ほうれん草のパイも食べてきました。

美味しかった!
そして、やっぱり空がきれいでした。

Photo_2


近いうちに、もう少し詳しくご報告させていただきます!!


そうそう、帰りはミュンヘンで乗り継ぎでしたので、
念願のドイツBEERとソーセージにザワ-クラウトを味わって参りました!!
ただ、空港だったので、本場の味と言えたのかどうか…ちょっと疑問っ。
もっとちゃんと、ドイツに降り立ってみたいです。

あ、そうだ!!
ドイツから出ているコンピレーションCDの第二弾を狙って録音を進めています。
うまくいくといいなぁ~、そしてそして、ドイツも行っちゃいたいなぁ~。


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

天守物語

劇団ひまわり「天守物語」の公演に参加しています。

あ、もちろん、役者としてではありません!
箏を弾いています。
三味線もちょっと弾いています。
声も少~し使っています。

4月が始まって直ぐに劇場入りしてリハを重ね、
この金・土・日で4公演を無事に終えたところです。
来週末も4公演します。

楽しいです!!!

役者さんがいて、
演出家がいて、
照明、舞台、音響、楽師と呼ばれる私達、
衣装、美術、振り付け、歌唱指導、殺陣指導…

沢山の専門家が集まって一つの物語を綴っていく…。
それぞれの力を一つ一つ積み重ね、修正を加え、
どんどん研ぎ澄まされていくその課程が心地良いのです。

そうして創り上げた時間をお客様の前で再現する、
その緊張感には回を重ねても慣れることがありませんが、
その緊張感の中にいることが、楽しくてたまりません。

また、普段触れる機会の少ない、演劇の世界に触れられるのも新鮮です。

それこそ、挨拶の仕方一つとっても、
音楽関係の時と、何か違うんですね~。
わりと、体育会系かな。

公演も、一ヶ所で続けて何回もしますよね。
音楽だと、同じプログラムを場所を変えながらツアーってなりますけど。
舞台設定が大がかりだから、次々に場所を変えるのは無理なんですね。

だから、劇場入りしてからは、
普段縁の無い『通勤』状態になるのです、これがまた新鮮!!
しかも!
舞台に楽器をセットして、本番が終わっても撤収しなくていい!!
これはホントに嬉しいっっ。

場当たりとか、
止め通しとか、
ダメだしとか、
プリセットとか、
演劇の現場ならではの単語も面白いな~なんて思いながら聞いてます。


今回の舞台、役者さんがみんな若く、エネルギーに溢れています。
泉鏡花の世界も、演劇で見せてもらうと、改めて面白いです。

来週、金・土・日、是非お運び下さいませ。
楽しいですよ!
お待ちしております!!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

春に別れを思う

一気に春模様の今日この頃です。
そして、私、今年もつい4日前に花粉を感知致しましたっっ。

一説によると、ある程度年齢を重ねると、
花粉を感知する能力も鈍くなって、花粉症が「治る」とか。

わたし、まだ、感知してます~。
んん~なんか嬉しいかも???

さて、3月…

この時期、
きっと「さよなら」と「またね」が町の中に溢れているのだろう。

『ちいさな別れ』…かな。
友達、先生、先輩、後輩、同僚、親、子、ご近所さん…。

「またね」が付く「さよなら」は
きっとまたそのうち会えるから、という前提での『小さな別れ』。

でも、考えてみたら、
その後そのまま会わずにいる人の方が圧倒的に多い。

幼稚園の卒園式で、
大好きだった「たまえせんせい」との「さよなら」がとっても悲しくて、
その日の夕飯の時もずっと泣いていて、
母に「もう会えないわけじゃないんだから。いつまでも泣かないで。」
って言われた気がする…。

私の娘もそれくらいの年齢の頃、
おばあちゃんちに遊びに行った帰りには、
必ず、もう会えないとばかりに悲しそうに泣いていた。
「また、すぐ会えるから」と言い聞かせたものだった。

子供の別れに対する感覚は実は正しいのかも知れない。
娘とおばあちゃんは幸い、今でもしょっちゅう会える環境だが、
私とたまえせんせいは、多分、それきり会えていない。

小学校や中学校の友達とも、
果たして何人の人とホントにまた会えたのだろう…。

そうやって、数え切れない程の出会いを
「またね」と共に置いてきてしまった。

20歳前後の数年間の多くの時間を共にした大好きな先輩の訃報を受けて、
そんな「またね」と「さよなら」を悔いている。

『小さな別れ』がホントの「さよなら」になってしまうこともあるって
その事に多分、気づきたくないんだと、今、思う。

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0)

うた語り「平家物語」公演のお知らせです♪

新年初のお知らせはCM動画でございます~。

2月3日(土)御徒町にある古民家ギャラリー「しあん」にて
13:00と16:00の二回公演です。

是非是非、お越し下さいませ!!
お待ちしております❤❤

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

今年もありがとうございました。

何とか無事に、
一年を終えられそうで、
たった今、ぷしゅーっとBEER缶を開けたところです。

12月の最終週は予定に余裕があったので、
いつもの小掃除も計画的に早めに終わらせて…、
のつもりが、ちょっとずつちょっとずつ翌日に持ち越しちゃって、
余裕の年末の筈がやっぱりバタバタ…でした。
ま、何とか間に合いました。
明日の元日には、大宴会が出来そうです!!

なんか、これって、今年の私。
ずーっとこんな感じで過ごしてきたかも。

来年は、もう少し焦らずに過ごしたい!!と思います。
初めてのお仕事がいくつも決まっていて、楽しみだけど緊張~。
冷や汗かいて楽しみが半減しないよう、
しっかり時間配分をしていきます!!

あ、そうだ!!

先日JASRACさんからのお知らせの中で見つけたニュースです。
オーストリアの映画に私の作品「遠くの雨」が使われているらしいのです。
「NATUR、WISSEN、DER ALPENRI」
っていうのがタイトルだと思うのですが…。
お正月の宴会の合間に調べてみよう~っと。
どんな映画でしょうか?
ちょっと怖いけど、楽しみ。

この曲はドイツのレーベルからコンピレーションアルバムで出ているのです。
時々、「えっ、そんな国でっっ」って驚くようなことがあります。
面白いですね。


さてさて、来年も沢山の出会いを楽しみに、
ゆったりと箏に向かいたいと思います。

少しでも優しくて温かい音が出せたらいいなと思います。
一つ一つ、丁寧に向き合っていきたいと思います。

どうぞ、また稲葉美和ホームページに、
  そして、コンサート会場へお運び下さいませ。

またお会い出来ますことを楽しみにしています。


どうか、明日からの一年が柔らかな日々でありますように!!


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

まわってるぅ

ドアミラーに映る景色が好きです。

若い頃乗っていたオートバイのバックミラーに映る、流れていく景色が好きでした。
今は車になりましたが、
やっぱり、
あの小さい四角の中に写し込められた奥行きのある景色が魅力的です。

そういえば、ドアミラーの鏡って、特別な角度なんですね、きっと。
結構広い範囲で、ずーーーーっと先まで写りますもんね。
今、気づいた!!
なるほど、うっかりしてましたっっっ。

で、

夕方、西から東へと車を走らせていると、
そんなドアミラーに夕焼けが写って
「あら、素敵!!」ってはしゃいでいたら、

ちょっとした立体交差をくぐり抜けたところで、
正面に大きな月が!!

今夜は満月でしたか??
おっと、スーパームーン???
でしたかっっっ。

いやいや、ホントに大きかった。
まだ夕焼けが残ってるくらいの、
低い位置にある頃が、
ほんっとに大きいですね。
びっくりするくらいでした。

スーパームーンですよ~、なんて知らずにおりましたが、
偶然ながら素晴らしい姿を見ることが出来ました!!

いつもはため息が出ちゃう赤信号ですが、
この時は、「次の信号、赤になれ!!」って思っちゃいました。

でも、うまいこと行かないモンで、
信号待ちの時って、必ず何かのカゲになっちゃうんです。
「あ~、惜しいっっっ」って角度ばかり。

あの電柱がっって「く~~っっ」って睨んでたら、
動くんですね、電柱が!
      じゃなくて、月が!!!

じーっと見てると、動いてるんです。
子供の頃、月の観察したなぁ~って思い出しました。
けど、動いてるのを目で見て実感できるっって、わくわくですね。

うん、地球は回ってるね、っていう実感ですぅ。


回ってる、って言えば…。

先日久しぶりに腕時計をしようと手に取ると、
時刻がずれている。

一瞬「あれ、困った…」と思うか思わないかのうちに、
時計の針がすんごい勢いで回り出した!!

まるで未来へワープする映画のワンシーン。

きゃあ~、まわってる~~~~♪


楽しかったなぁ~
   もう一回見たいなぁ~


電波時計ってのですけどね、
  すっごく楽しいですよ、
    ぐるぐるぐる~ってすごい勢いで!

電波時計をお持ちの方は、
数日間、お日様の届かないところへ隠しておいて、
針が動かなくなった時がチャンス!!
光の当たる瞬間をお見逃しなく!


そうそう、今夜のようなきれいな月が出る夜は、月の観察。
じーーーーーっと定点観察が楽しいですよ。
じーーーーーっと見てると動きますから。

    きゃあ~、まわってる~~~♪が体験出来ます。

        どちらも、とてつもなく暇な時におススメですっっ。


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0)

道が繋がるって凄いことですねっ。

今年も南相馬に出前コンサートに行ってきましたが、
今回で5回目でして、
思い返してみれば、
初回の2013年3月は東北道で北に上り、
二本松のあたりから東へ、
ニュースで何度も聞いた地名「飯館村」を通って行ったのでした。
ぐるーっと回る感じですね。

仙台の仮設住宅でのコンサートと連日で行った時もあって、
東北道で仙台まで行ってコンサートして、その後は、
海沿いの高速道で南相馬のちょっと手前まで行けて、
でも、南相馬でのコンサートの帰りはやはり、
飯館村を通って東北道に出たのでした。
その東北道までの道が、真っ暗で…。

道が繋がってるって、改めて凄いことだな~と、
まっすぐ、ずーっと常磐道を走りながら思ってました。

南相馬では、いつも迎えて下さる皆様が、
今年もまた待っていて下さいました。
とてもとても嬉しいことです。
「お久しぶりです~。お変わりありませんか?」
とご挨拶できる喜びがあります。

こうして回を重ねていくうちに、
南相馬までの距離が、
常磐道が通った事以上にぐっと短くなった気がしています。

これもCD「かけがえのない…」を買って下さる皆様の支えあってのこと。
心より感謝申し上げます!!!

まだまだ復興を始めることすら出来ない地域があります。
これからも、応援している皆さんのお気持ちと共に訪問を重ねていきます!!


街路樹の秋色が素敵って思ってたら、
もうすっかり冬支度の今日この頃。

寒くなる前に、もう一回草取りしとけば良かったっっ
とか、
寒くなる前に一度窓拭きしとけば良かったっっ
とか、
お風呂の天井ゴシゴシも、寒くなる前にするべきだったっっ
とか、

そんなことが気になる季節になりましたぁ~。
一つ一つ、片付けましょっっ。

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

 


| | Comments (0)

車の中からの徒然

普段、どうしても、車での移動が多くなってしまいます。
運転は、嫌いじゃあないですけど、
出来れば、車窓から外を眺めながら、
ただ運ばれてる感じの方が好きですっっっ。

でもまあ、そう言いつつ、一人気ままな移動時間ってのも
何ものにも代え難いリラックスしたひとときでもあります。

車窓から眺める空や街路樹の色に、お日さまの傾きや、月の姿…。
ゆったりと季節の移り変わりを愉しみます。

車の中では、8割方ラジオを聞いてます。
自分の趣味・嗜好と関係なく、
様々な音楽や情報が入ってくるのが好きですっっ。
結構、一人で受けて「ぷっ」て噴き出したりしてます。
「そうそう~!!」とか
「なっつかしいね~」とか独りごちたりしてます。

そして、信号待ちや渋滞中には
偶然目にする一場面を愉しませてもらっています。

近頃のお気に入りは、
交通整理のお兄さんやおじさん、たまにお姉さんです。
誘導の仕方にめっちゃ個性があって楽しいです。

とっても優雅な動きだったり、
軽やかなステップでさわか~な笑顔付きだったり、
身体全身での表現だったり、
直線的なカチッ、カチッだったり…、
…見事な車捌きにいつも感動を覚えています。

道路工事の渋滞も、交通整理の神業に出会えると思えば
全く苦になりませんっっ。

今日は、ハロウィーンのカボチャの扮装に身を包んだお姉さんが
道端に佇んでいるのを目にしました。
身じろぎ一つしないのです。
……あれは、かかし??
……居酒屋の呼び込みのお姉さん???
ちょっと「かわいい」を通り越した印象のそのお姉さんは
生の人だったのか、
作りものだったのか……

あ、ダンス教室らしいビルの一室の
カーテンの隙間から垣間見えた赤いドレスのお姉さん、
これは、絶対に生のお姉さん!!
あとちょっと信号が赤のままだったら、
踊り出す瞬間が見えたかも…。
交通整理のお兄さんの軽やかなステップも素敵だったけど、
お姉さんのステップも見たかったかもっっっ。

しかし、ここ数日の間で、
なんといっても憧れの眼差しで凝視してしまったのは、
思いっきり走る子供!
キラッキラのいい笑顔で
まるで運動会のかけっこのように
思いっきり走ってるその姿が
あまりにも気持ちよくて、

思わず自分に向かって
「走れ!!!
         ………ないだろなぁ、もう、あんな風に…」
と呟いてました。

ああ~、秋ですね。
少~し、身体も動かしませんとね。

一昨日は私の師匠主催の演奏会が
国立劇場小劇場で開催されました。
私もちょい出、させていただきましたが、
90歳になる師匠の姿に叱咤激励されてきました。
「ぱりっとやりましょうね!!」
と、そのお言葉通りを見せて聞かせていただきました。


私も、もう走れないなあ~なんて言ってないで、
「ぱりっ」と行かなくては!!


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

負けたっ。

参りました。

口をあんぐり開けて、
   思わず斜め上方に目を泳がせてしまいました。

それなりに歳を重ねて、
そこそこ立派な『おばあちゃん』の母が

  「私、年寄りだと思ってないから。」

えっっっ?
きっと、電車で席譲ってもらってると思うけど…。
まさか、「何よ、年寄り扱いして!」なんて言ってないよね…。

……負けたっっ……伊達に年取ってないねっ……

まあ、でも確かにね~、
  私もまだまだこれからだって思ってる節があるものね~。
私にもちゃんと遺伝してるかも、その性質。


けど、けど、
流石に、暑~い夏がやって来ても、
「さあ、プールでも行きましょか!」とは思わなくなりました。

いつの間にか、バケツ片手に花火…も、もう数年してないかも。

そうそう、夏のイベントって子供や恋人達のためにあるって、
数年前にもこんな風に書き留めたんでした。


久しぶりに、線香花火やってみたくなったぞ~。
まだ売ってるかな~、探してみよ~♪


さてさて、素敵なご報告です。

和の音やびかむのメンバーでよく演奏している
うた物語「唐いもとどろぼう」に切り絵作家の吉田路子さんが
素敵な切り絵を付けて下さいました。

数ヶ月前に広島の邦楽グループ樹の皆さんが上演して下さる機会があり、
その時に吉田路子さんに依頼して下さったんです。

本当に有り難く、感謝感謝です!!
プロジェクターで映し出せるように整えて下さいました。
色合いも図柄も、とっても温かくて素晴らしい作品です。

次に「唐いもとどろぼう」を演奏するときには、
是非、切り絵と共に、皆さんに見て聞いていただきたいと楽しみにしています♪


東京は蒸し暑い日が戻って参りました。
まだ暫く、しんどい日々が続きそうですが、
何と言っても

   生BEERが美味しいですね!!
      まだまだ楽しめそうですね!!!

稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ

| | Comments (0)

倹約の続き

な訳で、ちょこっと倹約したわけです(前回の記事ご参照ください)。
で、ビアホールか??というところでしたが、
ちょっと躊躇しておりました…足が出そうでっっ。

そこで、もう一声!!

雑草が伸び放題になった我が家の‘のりしろ’のような庭(?)の草むしりを
業者さんに頼んでしまおうかと思い詰めていたのを
                  (思い詰めるとは大げさですね…)
「これ、もし業者さんに頼んでたら2万はするだろ!!」
との思い込みを拠り所に『えいやっ』と自分でやりまして、
よし!!
と、納得しての普段は行けない食べ放題じゃない焼き肉屋さんへ
家族みんなで行きました~❤

その日ばかりは、
「お肉、おかわりしちゃいましょーねー」と余裕の顔で注文です。
とっても美味しく戴きましたっ。

ブラヴォー「倹約」


果たして本当に「倹約」っだったのかどうか
今となっては定かではありませんが、

ただ、この猛暑の日々、
怠けたい自分を奮いたたせるには充分過ぎるメソッドでした。
これからも、これです。
なにか、「やりたくない~、だれかやって~」的な業務(主に家事一般)については、
「業者に頼めば○○円っっ」
自分でやって○○円ゲット!!
って思考で乗り切れそうです。

お薦めですよ~!!(騙されてみませんかぁ~)

さて!!
先日のムジカーザでは、ご来場ありがとうございました。
HomeとAwayのお話もさせていただき、
正に、Homeでの温かさに包まれての楽しいひとときでした。

そして、大好きな音楽家木村俊介さんと音楽を担当させてもらった
山下晃彦さん演出の「瞼の母」では
神田織音さんの講談と朗読劇との融合という
初めての素敵な経験をさせていただきました。

今月も、そんな濃~い前半が過ぎ、
今週末は久しぶりの小椋さんの公演が山形で、
そして、富山県の高岡市では‘万葉であそぼ’という企画に
坂田美子さんとのデュオでお邪魔します。

さあ、まだまだ夏は始まったばかり!!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
 どうかどうか、この猛暑を無事に、
   出来るならば少しでも楽しく、やり過ごせますように!
と願っております。


稲葉美和オフィシャルウェブサイトへ


| | Comments (0)

«徒然